会社設立の準備

会社設立の準備
「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOPコンテンツ >会社設立の準備

会社設立の準備

会社を設立する手続きには、必ず最初に決めなければならない事項があります。

それは、会社の商号、つまり会社の名前、そして会社設立の目的、仕事の内容、さらに会社の本店住所を、決めなければいけません。
このような事項は、会社を設立して運営していく上では、とても重要なことでもありますから、慎重に決めていくことが大切です。

また、株式会社の会社設立には、設立の手続きを進めていく、発起人いう担当が定められています。
発起人は、会社の商号や目的の決定や役員の選任、さらには出資金の払込みといった手続きを、進めていくことを担っています。

会社の商号とは、会社の名前のことであり、会社の商号は会社の顔とも言えます。
ですから、これから会社を運営していく上で、非常に重要なものになるのです。
また、会社の商号は一旦決めてしまうと、変更するには、定款の変更、登記の内容の変更が必要になります。さらに各官庁へ変更の届出などの手続きも必要になりますから、慎重に決めるようにしましょう。
なお、会社の商号は、原則として自由に決めることができるのですが、いくつかのルールがあります。
それは、会社の商号の中に株式会社の文字を使用しなければいけない、会社の商号に記号などを使用することはできない、社会的によく認知されている名称を用いることはできない、銀行や信託、証券といった文字の使用はできない、といったことです。

また、会社の目的も、一旦決めてしまうと、変更するには、定款の変更、登記の内容の変更などの手続きが必要になり、ルールがあります。
目的や内容に違法性がないこと、法律に違反するような内容は会社の目的とすることはできない、目的の内容が明確であること、などです。

また、設立の登記を申請する際には、本店の所在地は具体的な場所を記載しなければなりません。
しかし、類似商号の調査を行う法務局が特定できればよいので、最小行政区画である市町村まで決めておけばいいようです。

Topへ