会社設立のメリット

会社設立のメリット
「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOPコンテンツ >会社設立のメリット

会社設立のメリット

会社を設立するまでいかない場合においても、起業に際しては、個人事業主になるのか、法人の形態をとるのかのどちらかを、選択することになります。
そして最近では、個人事業として仕事をしている人もたくさんいます。
しかし、多くの個人事業主の方は、会社をつくることでメリットがあるのです。

ただし、会社を設立することで、全員にメリットがあるとは限りません。
そこで、事前に確認しておく必要があるのです。
会社を設立することのメリットには、「税金が安くなる」「取引先の信用を得られる」「金融機関からの融資が受けやすくなる」「事業の継続が楽になる」「責任の範囲が狭くなる」といったことがあります。

会社設立で税金が安くなるというのは、会社設立の最大のメリットだといえます。
会社を設立することで、給与所得控除が利用できるようになります。
また、所得税の累進税率を緩和することもできたり、親族を役員にすることができるといったメリットがあります。
さらに、消費税が2年間免除になるというメリットや、生命保険を会社の経費にすることができるといったこと、退職金を支払い、経費にすることができるといったように、税金に関しては、多くのメリットがあるのです。

さらに、欠損金の税務上の繰越可能な期間が、法人の方が4年も長くなります
青色申告の場合では、欠損金は個人事業者であれば、3年間の繰越控除なのですが、法人ならば4年長くなり、7年間繰越が認められているのです。

Topへ