会社設立に必要な書類

会社設立に必要な書類
「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOPコンテンツ >会社設立に必要な書類

会社設立に必要な書類

会社を設立するには、多くの書類が必要となります。
また、その書類に記載される文言に間違いがあると、会社が設立できなくなる場合もあるので、細心の注意が必要となってきます。

それでは、会社設立に必要な書類には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、会社設立の際には、会社を運営する上での決まりごとを書いた定款認証1通が、必ず必要となります。
そして、発効から3か月以内の発起人全員の印鑑証明書が、各自1通必要です。
さらに、行政書士などの代理人に任せる場合には、委任状が1通必要になります。
委任状と定款をホッチキスで一緒にして、発起人の実印を押印しておく必要があります。

そして、登記申請時、つまり法務局に書類を提出時には、設立登記申請書が1通、登記すべき事項を記載したOCR用紙又は、CDかFDも必要です。
これは、会社の本店所在地を管轄する法務局が、コンピュータ庁であるなら、登記する内容を記載したテキストファイルを、CDまたはFDに収納するか、OCR用紙に記入して提出します。
コンピュータ庁でない場合は、登記用紙と同一の用紙が1通必要となります。

また、登録免許税納付用台紙状が1通、公証役場で認証を受けた定款の謄本1通、定款の中で、会社の本社住所等を定めていない場合には、発起人決定書及び発起人会議事録 が1通必要となります。
さらに、設立時代表取締役、設立時取締役及び設立時監査役の就任承諾書 が1通、代表取締役・取締役に就任する人の印鑑証明書各1通、取締役会を設置する会社の場合であれば、代表取締役の印鑑証明書1通のみが必要となります。

さらに、様ざまな書類が必要となっています。
定款中に現物出資を行う旨の記載がある場合には、設立時取締役及び設立時監査役の調査報告書及びその付属書類、出資払い込み証明書、資本金の額の計上に関する設立時代表取締役の証明書、印鑑届出書などが、会社設立に必要な書類となっています。

Topへ