会社設立の費用

会社設立の費用
「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOPコンテンツ >会社設立の費用

会社設立の費用

会社設立に関して発生する費用には、2つの項目があります。
 
まず、公証人役場に支払う定款認証費用です。
これは、収入印紙代が4万円、定款認証手数料が5万円、そして、謄本手数料が2,000円となっており、この費用項目の合計は、9万2,000円となっています。

しかし、依頼する代行業者の中でも、電子認証の手続きをしているところであれば、収入印紙代が不要となり、この費用項目の合計は5万2,000円となるのです。

そのようなことから、自分でこういった手続きを行なうよりも、電子認証手続きを行なっている代行業者に依頼した方が、安く会社を設立することができるということになります。

また、会社設立代行業者に依頼した場合は、手続を代行するだけでなく、会社設立の方法や、そのメリット・デメリット、さらには税務上のメリットや留意点、公的創業融資を受けられるコツといったアドバイスも行なってくれます。

もうひとつ、発生する費用とは、法務局に支払う登録免許税です。
法務局に支払う登録免許税は、出資金1,000万円の場合では、15万円になります。
これは、出資金の1,000分の7となっていますが、その最低額は、株式会社の場合であれば、15万円となるのです。

このように見てみると、全部の項目を合計すると株式会社の設立に関してかかる費用は、自分で行なった場合では、24万2,000円ということになります。

代行業者に依頼すると手続き報酬がかかりますが、電子認証手続きであれば4万円の印紙代がいらないので、実質自分で行なうより安くなる場合があります。
さらに、会社設立に関するサポートも受けることできるので、相談してみるのもよいのではないでしょうか。

Topへ