格安代行センターの特徴

格安代行センターの特徴
「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOPコンテンツ >格安代行センターの特徴

格安代行センターの特徴

格安代行センターは、会社設立専門のセンターです。
そして、このセンターでは、これまで11年間、政令指定都市の市議会議員を務めていた人物が代表を努めています。

格安代行センターの代表が議員であった時、最も力を入れて来た分野は行政改革でした。つまり役所の業務効率化だったのです。
そこで、業務目的や求められる要件を明確にして、最少のコストで最大の成果を上げられるよう、さらに、業務プロセスや実行体制を大胆に組み替える提言を続けていたのです。

その経験から、業務効率化のプロとして、組織内部の無駄をとことん省き、依頼者に還元することができるのです。

またもう一つ力を入れて来た分野は、創造都市であり、ソフト面での経済活性化と起業支援を行なっていました。
年度や統計方法によって若干の差はあるのですが、現在、日本の企業の廃業率は6〜7%となっており、それに対して開業率はわずか3〜5%というように、廃業が開業を上回り続けています。

そこで、日本を、「新しいことに挑戦する人」であふれる国にしたい、という思いから価格とサービスを徹底的に磨いているのです。

格安代行センターは、株式会社設立専門のプロですから、安心して会社設立が出来ます。
そして、格安代行センターの特徴は、代行手数料は、全国最安の9,600円となっていること、ITを駆使した迅速な対応により、6営業日で設立完了するといったことです。
さらに、他社を一歩リードするサービスアップ、追加料金や月額契約も一切なく全国一律対応していること、設立後のアフターフォローが無料となっている、などの特徴があります。

Topへ