これで安心!初めて会社を設立する方に役立つ情報を多数ご紹介!

「初めての会社設立」お役立ち情報サイト
「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOP

「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOP

会社を設立するためには、いろいろと専門的な手続きが必要です、
例えば、まず登記申請書を作らなければなりません。
しかし、普通の人は会社設立などしたことがありませんから、どのようにしたらいいのか、はっきりわからないこともたくさんあります。
そのような時は、わかっている人や専門家に頼むことをおすすめします。

また、最近では、インターネット環境さえあれば誰でもどこでも利用できるような登記簿作成サイトなどもあり、会社を設立したことがない人であっても、特に専門的な知識がなくても会社設立ができる場合もあります。
そういったサイトでは、情報の入力や登記書類の印刷まで出来るようになっています。
そのため、現在では、会社を作ることは一人でもできるようになっているのです。

また、作った書類を法務局に提出することも重要です。
そして、そういったことも、しっかりとした手順がわかっていれば、ひとりでもできることなのです。

しかし、それであってもできない人もいます。
そこで、そのような人は、会社設立代理会社を利用することで、専門的な知識がなくても会社設立を行なうことができるのです。

会社設立代理会社とは、会社の設立を代理で行なってくれる会社です。
会社設立代行の手数料や日数、さらにサービス地域などは、それぞれの会社によって異なっています。
会社設立の時間のない人や、よくわからない人は、そういった代行会社を利用することで、手軽で簡単に、しかも安心して会社設立を行なうことができるのです。


会社設立を設立するためには

会社設立のためには、何をすればいいのかですが、まず、会社の基本事項を決定する必要があります。

それは、社名や住所、事業、さらに資本金や株式数といったことがあります。
また、もちろん取締役も決めなければいけません。
そして、会社法という法律があり、この法律によって、証券が同じ地域に同じ名前の会社はつくってはいけないことになっています。
そのため、会社をつくろうとしている地域に、同じ名前の会社がないかどうかを調査する必要もあるのです。

地域に同じ名前の会社がないかどうかは、法務局に行くとわかります。
法務局には、登記簿データがあるので、それを見れば直ぐに確認することができるようになっています。
そして、次は代表印、つまり会社の印鑑を作ります。これが、会社の実印となります。
実印は作るのに時間がかかる場合があるようですから、早めに注文しておくとよいでしょう。
そして、会社設立には定款が必要です。
定款には、称号、住所、事業目的、資本金額、代表者住所、氏名等を書く必要があります。また、定款には公証人の認証も必要です。
これ以外にも、会社設立には様ざまな書類や手続きが必要になってきます。


1円で会社は作れるのか

さらに、会社設立にはそれなりの資金も必要になってきます。

「1円で会社は作れる」ということを、きいたことがある方もいるのではないでしょうか。
しかし、実際には1円では会社は作ることはできません。
1円でも会社ができるというのは、資本金の話です。

そもそも、会社を作るにはいくら必要になってくるのでしょうか。
印紙代や定款認証手数料さらには、通信費や交通費といったことも含めて、ざっと合計しても24万円~26万円はかかることになります。
つまり、1円で会社は作れませんが、概算でも30万円あれば会社は作れるということになります。
また、印鑑など必要なものも作らなければならないので、そのぶんのお金も必要となってきます。
しかし、会社設立には、どのような会社にするのか、事業内容などをしっかりとしておくことが大切です。
そうしなければ、会社を設立することができたとしても、その事業をしっかりと続けることが出来なくなってしまい、何のために会社を設立したのかがわからなくなる、ということにもなりかねないからです。


Topへ